企業法務

松和総合グループHOME » 巡回監査/人事・労務管理/企業法務 » 企業法務

企業法務 〜法令に準拠した会社の経営〜

コーポレート・ガバナンス(企業統治)が求められ、コンプライアンス(法令遵守)の遵守が叫ばれる今日、
会社経営に必要な法的知識は以前にもまして重要になっています。
平成18年5月に施行された会社法をはじめとする、会社経営をとりまく法令の遵守はできていますか?
そして法令を十分に活用できていますか?

会社設立
夢を実現するための第1歩となる会社の設立。会社法は多種多様な会社の設計を可能にしました。あなたの夢の実現に適した会社の姿はどのようなものなのか?単に会社を「作る」のではなく、将来を見据えた会社を「創る」お手伝いをいたします。
会社経営
株式会社、特例有限会社では、定期的に株主総会等を開催し、各種決議を行うことが求められています。さて、あなたの会社は株主総会をきちんと開催していますか?
会社法は、実際に会議を開催しなくても、開催して決議したとの同じ効果を認める手続きに関する規定も設けています。法令をしっかり活用して、法令遵守の経営をめざすあなたのお手伝いをいたします。
書類管理
国に憲法があるように、会社には会社の根本ルールとなる定款が必ずあります。その他にも会社法では株主総会議事録、取締役会議事録、株主名簿など各種書類の備え置きが求められます。あなたの会社の定款はどこにありますか?何十年も前の定款がそのままほったらかしになっていませんか?
債権譲渡担保・動産担保(ABL)
厳しい経済状況下での会社経営においては、適切な債権管理は欠かせません。債権保全の方法として、動産譲渡登記・債権譲渡登記制度を活用した、最近注目の動産譲渡担保・債権譲渡担保の利用を検討してみませんか?

このページのトップへ戻る

業務担当

  • 司法書士 和田行雄
  • 松和総合グループに関するお問い合わせはこちら
  • メール
  • お電話:各事務所までお問い合わせ下さい