MAS監査

松和総合グループHOME » MAS監査

先見経営と先行管理の仕組みにより「あんしん経営」をサポート。~経営目標と明確な方法論を示し、企業目標の達成と経営体質の強化を図ります~

混迷した時代を生き残るために、全力で走り続けるような経営では、時代の変化や外敵要素などに振り回され、
とるべき対策に気が付かず致命的な結果を招く危険性があります。
このような時代だからこそ、御社の現状と環境を俯瞰で観察し、「計画」を立て、「実行」「検証」する。
この経営サイクルをしっかりと体系づけ、目標を達成するためのプロセスを構築し、経営体質の強化を図ります。

MAS監査の業務体系

■ 参考資料ダウンロード:
中期計画(PDF:約992KB)単年度計画(PDF:約1MB)
達成管理・先行管理(PDF:約524KB)リスク分析(PDF:約324KB)

Plan<計画>(意思決定会計=未来会計) 中期計画では「ビジョン(あるべき姿)」との誤差測定(リスク計算)を、単年度計画では「必達目標」との誤差測定(リスク計算)を行い、どう課題を解決すべきかを検討します。
Do<実行>(業務遂行会計=現在会計) 会社法、税法、中小企業会計基準にのっとった試算表・決算書を作成し、社長のみならず、取引先、従業員、金融機関、税務署等、様々なステークホルダーから信頼される企業を目指します。
達成管理にて「計画とのずれ」を測定(リスク計算)し、先行管理にて「将来のリスク計算」を行い、適切な軌道修正をします。また、決算予測により、決算&税金等のリスク計算を行い、必要に応じタックスプランを提案します。
See<検証>(業務評価会計=過去会計) 決算後、「企業リスク」の計算を行い解決すべき課題を明確化すると共に、企業経営に影響が大きい相続時の自社株リスク及び財産分割リスクを計算します。

このページのトップへ戻る

MAS監査

業務担当

  • 有限会社 大前経営研究所
  • 松和総合グループに関するお問い合わせはこちら
  • メール
  • お電話:各事務所までお問い合わせ下さい