不動産登記

松和総合グループHOME » 不動産登記

あなたの大切な財産である土地や建物を守る登記

登記とは、財産(土地や建物)の一つ一つについて、どこにあって、どれくらいの広さがあって、誰が持っているのかといった情報を、公の帳簿(登記簿)に登録することをいいます。
登記によって、不動産に関する情報や権利を公開することにより、あなたの財産権を守り、また不動産取引の円滑化と安全のためにも役立ちます。
そして、財産には税金も係わってきます。(印紙税・登録免許税・不動産取得税・固定資産税・住宅ローン控除・不動産譲渡所得税・贈与税・相続税・・・)

不動産登記の種類

表示に関する登記(土地家屋調査士)
権利の対象である土地や建物の物理的状況(所在、地番、地目、地積、床面積等)を公示する登記であり、権利に関する登記の前提となるものです。ほとんどの登記に申請義務が課されています。(罰則規定あり)
権利に関する登記(司法書士)
登記された不動産に係る権利の主体、権利の種類、その内容、権利の移転、変更に関する登記です。第三者に自分の権利を主張・証明するために必要です。

こんな時に

土地 建物
取得する時
  • 購入・相続・贈与などで土地を取得した(所有権移転)
  • 境界や面積を確認したい(境界確認)
  • 登記面積を一致させたい(地積更正)
  • 資金を金融機関から借入れた(抵当権設定)
  • 新築や、分譲住宅を購入した(表題・保存)
  • 購入・相続・贈与で建物を取得した(所有権移転)
  • 資金を金融機関から借入れた(抵当権設定)
利用する時
  • 農地から宅地に変更(地目変更)
  • 金融機関からお金を借りた(抵当権設定)
  • 建物を増改築した(表題部変更)
  • 資金を金融機関から借入れた(抵当権設定)
処分する時
  • 土地を二つ以上の土地に分ける(分筆)
  • 売却・贈与する(所有権移転)
  • 借入を全額返済した(抵当権抹消)
  • 建物を取り壊したり、火災や災害により建物が焼失、倒壊した(滅失)
  • 売却・贈与する(所有権移転)
  • 借入を全額返済した(抵当権抹消)

このページのトップへ戻る

不動産登記

業務担当

  • 司法書士 和田行雄
  • 松和総合グループに関するお問い合わせはこちら
  • メール
  • お電話:各事務所までお問い合わせ下さい