理念

松和総合グループHOME » 理念

松和総合グループの理念

企業の成長発展は、経営理念及び経営方針に基づく品質及び人格の改善向上により、顧客の信頼向上を図り、顧客の安心と満足を提供すると共に個人の生き甲斐と喜びがあるところに生まれる。

1.経営理念
共通の目標をもつ、志の一致
「およそ人が心を一つにして、共同運命の自覚のもとに活動するときこそ、心身ともに最も充実する」
積慶(せっけい) 慶びを積み(豊かな生活保障)−生活の安定
重暉(ちょうき) 暉を重ね(人間として生きる意義目的を明確にした精神文化)ー生き甲斐ある人生
養正(ようせい) 正しき道を養わんがために(道義−貫・人の道が一貫した金力、権力、暴力支配のない世の中)−お互いが共同運命を自覚し、そのために上下本末を自覚し、時処位に即して生きることを正義・秩序とする。
2.経営方針
1)健全なる会社  お客様の繁栄、会社の繁栄と個人格の完成
2)生存の理由(社会的使命)  仕事を通じて社会に貢献しているところに喜びがあり、生存の理由があることを自覚すべきである。我々個人がこの世に生まれ来た役割(天命・天業)を果たさなければならないのと同じく、当所も社会的任務を持っている。その自覚を所員が持つこと。生存の理由がなくなると個人も当所も消滅する。
3.品質方針
中心人格並びに下位者の個人格が品質に反映するよう努力する。
高品質なサービス及びシステムをスピーディに提供して社会貢献し、お客様の満足と仕事を通じて所員に生き甲斐を与えるという社会的使命を果たす。

松和しょうわ[名前の由来]

松栢の緑は、年中変わりなくその節操を保っています。冬の雪下に初めて人々に知られるように、地味ではあるけれども真実の文化を樹立しようとする集団です。

やわらぐこと。互いに仲良くすること。2つ以上を加えること。円満に充実した形。異なりを認めながらひとつを自覚することであり、「異なるが故に事成る」という宇宙自然を貫く原理に拠って立つ考え方です。各々が上下本末を自覚して自処位に即して全力を尽くすことが人らしく生きるということなのです。

このページのトップへ戻る

理念

  • 松和総合グループに関するお問い合わせはこちら
  • メール
  • お電話:各事務所までお問い合わせ下さい